忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事がめちゃくちゃ忙しいところなのだが、非常に腹立たしいというか納得できないことがあったので、ついつい書きます。

てのは、諌早干拓の件。
高等裁判所が工事を認める判決を出したとか。
理由は漁獲高の減少と工事との間に関連性が証明できないからだとか。

……あのねぇ。
この判決を下した人ってのは、世の中の自然環境の移り変わりを見てるんでしょうか。そのへんの田んぼの間を流れる用水路(ま、これは人工物ではあるけれど)だって、三面護岸すると魚なんていなくなっちゃうんですよー。
たとえ関連性が小さいものだとしても、「ある」ってことには変わりない。だったら、その「ある」ものの質と量をしっかり調査して、被害を食い止めるなり、被害を数値化して補償するなり、なんらかの手順を踏むのが第一じゃないんですかね。

自分との、あまりの意識のギャップに、がっかりするというか腹が立つというか……他のすべてのニュースが目に入らないくらいショックを受けましたよ。
テレビも、頭のオカシイ犯罪者ばっかりとりあげてないで、こんな判決を下す頭のオカシイお偉いさんを糾弾すべきだと思うよ。ホント、売上優先でココロのない番組作りばっかり。見ててイヤんなる。

しかし……人間が環境に手を加えて、今までに一度だっていい結果が生まれたことってある? 河口堰然り、ダム然り。小池百合子も、農水省にきちんと文句いってほしい。ダムについては国土交通省としっかり戦ってほしい。「環境」を口にするんならね。

もっとも、裁判所に文句をいう以前に、こういう計画を立てた国に文句をいうべきなのかもね。
……それ以前に、誰も(自分とトムさんだけ?)しか読んでないブログでうだうだ言っても、しょうがないんですけどね。
あんまり腹が立ったので、ついつい書いてしまいました。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
珍しくお腹立ちの様ですね
実は、佐賀県に有明海で漁師をやってる親戚が居りまして、中学生の時は冬休みになるとバイトと称して海苔の収穫の手伝いをやってました。早朝3時に、軽トラを運転して漁船の係留地点に行き、漁船を操舵して、収穫して来るのですが、日本酒をラッパで一升呑んでも全く酔わない位、極寒の作業です、酒も車の運転も漁船の操舵も、楽しく覚えました(笑)
って話がズレましたが、諫早湾干拓開始以前と以降では、漁獲高や海苔の収穫量と質の違い等、水質の悪化が数値ではっきりと示された証拠を基に佐賀地栽が、差し止めた工事を福岡高裁がひっくり返しましたね。
この国は行政も司法も立法も利権が絡むと、力無き者の声は握り潰される様で、江戸の昔から変わって居ません。
どうかしてますよ。
しかし、一番ショックだったのは、地栽の裁判官だったのかも知れませんね?全否定されたのですから(笑)
長々と乱文、失礼しました。
トム 2005.05.17 Tue  20:48 Edit
無題
いやー、結構いつも怒りっぱなしですよ。
なんだかどんどんどんどんワケわからん世の中になってきて。

力のある者が勝つというのは昔も今も変わりませんが、力ある者に抵抗するというか反抗するというか、よく言えば力のある者の否を諌めるというか、そういう動きはあるものの、大半は「自分も力のある者になっちゃえ!」って感じで動いてる。

なんか分かりづらい言い方ですいませんが、そういう感じがします。

……これって力無き者のひがみ?
かとちゃん 2005.05.23 Mon  20:03 Edit
TrackBack
トラックバックURL  :  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]