忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと前にTVCMもやっていたアシェットコレクションズジャパンの『日本の魚釣り』。



以前にも軽く書きましたが、弊社(フリーホイール)でも半分ぐらいを編集してます(写真は11/10に出た6号)。
部活とか、軍曹とカヤックフィッシングとか、怪しい動きをしている弊社(というか、僕)ですが、堅い仕事もやってます。


それはともかく、この『日本の魚釣り』。
正直な話、この不況下でどれだけ売れるんでしょうか……と思ってましたが、出版社の思惑(というかノルマ?)を超えそう(創刊号は超えたらしい)な勢いだそうです。

自分のところでも『Fishing Area News』とか『playboating@jp』、『kayak〜海を旅する本〜』という雑誌をつくっている身として、売れる理由について、いろいろ考えてみましたが……。

まず、ライターさんがみなさん優秀なので、いい記事ばかりだと思います。
僕が書いているところは……いい記事かどうかはともかく、少なくとも間違いはないかと。
あと、ここ数年、図鑑的な釣りの単行本が出ていなかったということも、理由のひとつになりそうです。

それと、もうひとつ。
広告がない雑誌であるということが大きいのでは?と思ってます。

今の釣り雑誌は、広告がないと成り立たない。
広告があってもなくても、記事の作り方は変わらない……というのが、消費者目線で考えれば当然なのかもしれませんが、実際にいろんな雑誌を見てみると、ほとんど商品紹介になってます。
テクニックを紹介するにしても、体系的に、全体が見えるように説明するんではなくて、新商品を軸にして、かなりマニアックなテクニックを紹介する傾向にあるように感じます。

広告のない『日本の魚釣り』は、ともかく買って、読んでもらわないとどうしようもない。
業界のしがらみとか、広告の絡みとかを考えず、読者のためにつくっているのが、ひとつのよさにつながっているように思っています。

ともあれ、ぜひお手に取って、買って(ここが重要)、読んでみてください。
予定では100号まで出版するとのことです(これもすごいことですねー)。


と、『日本の魚釣り』の人気についてアナライズしてみましたが、ウチの雑誌はどれも広告が少なく、にも関わらず、広告クライアントに寄らない記事が多いです。
つーことは、『日本の魚釣り』と同じく、多数の読者に指示されてもいいはずなんですが……。
いや、確かに総部数は少ないですが、この雑誌が売れない時代にあって、どれも部数は横ばいから微増です。
総部数が少ないのは、いずれも狭い分野を扱っていることと、書店で売らないのが理由かと。
と自分を納得させつつ、自分の考えている方向性は、間違ってない(ような気がする)と意を強くする今日この頃です。


従来の仕事に加え、この雑誌の仕事がプラスになり、従来比200%以上の仕事量になってます。
それでも何とかかんとか仕事をこなしているということは……これまで「忙しい」とか言っちゃってたけど、実はそんなに忙しくなかったんではないか、忙しいフリをしていただけなんではないか……と思うようにしてます。


でも……たまには遊びに行きたいなあ。
1カ月ぐらい休んで(確実に2年間はムリ)。


締め切り近いですが、明日は部活です!
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]