忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は朝から勝浦でひさびさ渡邊長士さんと『日本の魚釣り』の撮影。



この時点ではさくっと釣ってもらってさくっと終了のつもりでしたがそうは問屋が卸さない。
僕の日頃の行ないが悪いためかなんだかんだで夜までやって事務所に帰り着いたのは深夜1時過ぎ。
渡邊さんお疲れさまでした&ありがとうございました。
お礼にちょっとかっこいい写真を掲載しておきました。

そんなわけで本日は午前中から非常に体調が悪くどうも熱っぽくて眠い。
仕事アレルギーでしょう。
ですが午後を大幅に過ぎてやっと頭が働くようになってきたので現在猛ダッシュで作業中です(なんせ締め切り近いもんで)。

さてさて釣りのほうはなんかこうビシっとしなかったですが漁師さんはビシっと水揚げしていたようです。



キンメ。
キロ3,000円くらいだとか。
たぶん僕の口に入ることはないかと。



地元の漁師さんが「クロウオ」と呼ぶアブラボウズ。
食べ過ぎると下痢しますがバラムツやアブラソコムツと違って普通の量(人によるでしょうが)食べる分には問題ないということを先ほどネットで知りました。

しかしどの漁船を見ても高齢化が進んでいるのを感じます。
クエなんかは漁師さんが高齢化して釣れてもとりこめないので漁獲が減って近年の海底ではクエ増加中という話を聞いたことがあります。
やっぱり最終的には魚=ノルウェーサーモンということになるんでしょうかね。
まあいろんな魚を食べれたほうが幸せだけど僕的にはアジサバイワシイカタコぐらいがたまに食べられればいいかなーと。
ウナギ中トロヒラメのエンガワフグ鍋カワハギの造りなんかは好きだけど無きゃ無いで我慢できますし。

そんなことをつらつら考えつつ軽トラで運ばれるクロウオさんを見送りました。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]