忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パドリングウルフにお邪魔しましたー。

FENEK誌の取材で、はじめてのカヤッキングを体験、です。



いつものスベり系ギャグを出すことなく真面目に講習するシーカヤック界のピン芸人・ウルフ名倉。



簡単な陸上講習のあと、水面に滑り出す編集スタッフの方。
顔が自然とにやけてます。



小網代湾の奥でパドリングの練習。



ヨットの間を漕ぎ抜けて、湾の外へと向かいます。



おハイソな別荘が点在する小網代湾。
なんかムカつきます。



天気が今イチでしたが、なんとか雨には降られずに、無事終了。
久しぶりに(ウン年ぶり?)訪れましたが、イイところですねえ。
もう少しあったかくなったら、また来たいです。

以上、4月発売のFENEK誌で掲載予定です。
お楽しみにー。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
三浦でのツアーでは、小網代湾に入ることが多いです。
あれだけの環境が残っているのはなかなか希で、特別環境に意識のないお客さんも、生き物の濃さに喜んでいるようです。
なのでパドリングウルフの方々には何度かお会いしています。あんな良い場所にお店があって良いなぁといつも羨ましいです。
スタッフの方はもとより、お客さんの方達も気持ちの良い方が多く挨拶を交わすのは楽しいです(まれにテリトリーを主張されるアウトフィッターの人がいてビックリします)。
パドリングウルフのお客さんがひっくり返った時に、スタッフの方が迅速に助けていたのを見て、うちのお客さんが僕とは大分違う(状況にもよりますが、僕はひっくり返ったお客さんの記念写真を撮ります)と言われたことを思い出しました。
アベシゲル 2008.03.19 Wed  23:28 Edit
無題
アベさん、お久しぶり(でもないか)!

名倉っちは真面目ですねえ。

何度か会ってますが、お見せにいくのは初めてだったので、真面目振りに驚きました。

さらに奥さんがしっかりした人で(ウワサでは聞いてきたけれど)、マジで感心しました(美人だし)。

名倉っちは、シーカヤックというものに真面目に取り組んでいるので、お客さん(常連さんとして残る人)も真面目な人が多いんだろうなあ。

ただ……記事的には、もっと笑わせてほしかったんだけどね!
かとちゃん 2008.03.20 Thu  00:05 Edit
≪ ピアノ。   *HOME*   卒業式。 ≫
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]