忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと部活ができました。



場所は難攻不落の国分川。
昨年だか今年のはじめだかも、タレントさんと釣りして不発だったような……。



コ式でチャレンジ。
パンを撒くのは、またもや小林重工がどこからか呼んできたタレントさん、るりちゃんです。



昨年だか今年のはじめだかに不発だったポイントで性懲りもなくトライ。



……やっぱりダメでした。
パンに反応はするものの、単発。
萌えるファイトをお見せしたかったんですが……。

公園のほうがよくないっすか?
まあ、冬のコイ釣りは一筋縄ではいかないですね。



で、タレントさんと解散した後に。



なぜか「としまえんフィッシングエリア」へ。



釣れてなさそうな子供に釣らせようと草の根活動をする小林重工。

僕はココにくるのが初めてだったんですが、都内にこういう遊び場ができるのはいいですね。
久しぶりにスカジットデザインズの皆川さん(この釣り場のアドバイザー、ということでいいんでしたっけ)と話しましたが、エサ釣りのエリアも広げたみたいで、とにかく釣らせる!という心意気を感じました。

ですが、どこの釣り場でもいっしょだけど、やっぱりルアーで釣らせるのは難しいかなあ……。
ノベ竿のエサ釣りとルアー釣りの間には、要求される技術とか知識とかに、かなりの距離があるように思います。
スタッフがつきっきりで教えてあげないと、釣るのは難しいかと。
1日じっくりやれば、たぶん1匹は釣れると思うけれど、こういう釣り場にきている人は、2〜3時間しかやらないだろうから、その間に釣らせるというのは、そうとう難しいですね。
つーか、僕の経験でも、ビギナーさんに2〜3時間で確実に結果を出してもらうのは難しかったです。

ただ、この釣り場さんはルアーの制限がほとんどなくて、セニョールトルネードでもスティックルアーでも、326、マ式でも使えるので、そこがかなりポイント高いです。
ビギナーにとってはスプーンもクランクも326も、ルアーであることには変わりないし。



気になった木。



5時半ごろにはだいぶ暗くなりました。
ですが、ココの釣り場は夜10時まで営業。

電車で行けるので、仕事が終わってから遊びに行って、一杯呑んで帰るってのがよさそうです。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]