忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

でもってまたまた1カ月近く更新をさぼってるわけですが……。

相も変わらず取材は釣り釣り釣りだったんですが昨日は久しぶりにカヤック。
カヌースクール(Sweet Paddle)を立ち上げたばかりの泣く子も黙る日本フリースタイル界の女王・石田元子さん(もっちゃん)の撮影でした。



10年以上ぶりに顔を合わせた直後「お互い歳をとりましたね」とジャブを一発くらいました(もっちゃんにとっても自爆テロ)。
つーかもっちゃんとしっかりお話するのは初めてといってもいいかと。
非常にニュートラルかつ僕と同じような考え方をしていることが分かっておしゃべりはかなり盛り上がり。
さらにこのところカヤック関係から離れていたため知らなかったさまざまな事実(ここでは書けない)を聞いてびっくらこいたり大笑いしたり。

ともあれ「ビギナーを増やそう!」という点ではほぼ100%意見が一致。
『playboating@jp』誌はマニア向けなので(?)あまりそうした面が出せないかもしれませんがいろいろと画策しないとなんないなーと改めて思いました。

ところで肝心の撮影はなんとたったの20分で強制終了(上の写真はそのタイミングで撮ったもの)。
というのも平日だというのにアユ釣り師が異常に多くてスポットがすべて独占されているという状態で。
移動を繰り返して地元のルールでラフトが下っていい時間帯(わずか1時間)にとあるスポットにギリギリ間に合ってちょっとだけ撮影できたという……。

異常渇水かつ釣れないという状況で釣り人はみんなぴりぴりしてるようでした。
撮影中も「俺らはイライラしながら(ラフトが下れる時間の終了を)待ってるんだ」とか「ギリギリまでやられるとしばらく釣れないから早めに終わらせろ」とか「オレたちも協力してるんだから気を遣え」とかぬかすアユ釣り師に対して久々に殺意を覚えましたね。
こちとら片道5時間かけて日本代表のアスリートの写真を撮ってるっていうのに(まあそんな事情は言わないし言ったところで向こうの知ったこっちゃないでしょうが)たかだか1時間ほどアユ釣りができないっていうことで他人に文句を言えるというその精神構造がまったく分からん。

僕は釣り関係の仕事が多いんですが(今はほとんど釣り関係)前々からこういう釣り人の態度が大っ嫌いでして。
遊漁料払ったくらいでどんな権利があるっていうんでしょうかね。

……という「釣り人」vs「それ以外の川で遊ぶ人」の対立図式は長良川に限らずそれこそ20年以上前から続いてまして。
地元のラフトやカヌー関係者は関係改善に努力して少しずつよくなってきてはいますが久しぶりにその現場に直面して「何も変わってないなー」と非常に寂しい気持ちになりました。

釣り関係の仕事してるんだから本来は言わないほうがいいんだろうけどアユ釣り(友釣りのこと)は高齢化が進んでるし(見るかぎりほとんど年金生活者)道具が高い(高い竿なんて50万以上)から新規参入の消費者なんて数えるほど。
それに加えてアユという魚の価値もダダ下がり。
市場価格は明治時代と比べたら天と地の差。
味の面でも今の若い人には「珍味」程度にしか捉えられないからスーパーで買う人もいない。
10年後にはアユの友釣りという遊び自体がほぼ消滅してるだろう……と思ってます。
漁協が利権で動くのは別に問題ないんですが(ある意味普通のコト)将来を見据えないとあとで困るでしょうね。

そんなわけでその場にいた釣り人もしくは漁協に説教2時間……と思いましたがかえって地元のラフト&カヤック関係者の肩身が狭くなるだけだと思いぐっと我慢して帰ってきました。
明日は長瀞で撮影です。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]