忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金曜日は急にエアポケットのように時間が空いたのでとりあえず気晴らしにドライブでもすっか(ハイエースですけど)となんとなく車を走らせて。
急に思い立って手賀沼でも行ってみっかということになりせっかくだから釣りでもしてみっかと。
しかしこーゆーときに限って車の中にいつもは山盛り積みっぱなしの釣り道具がなかったりします。

釣具屋で買うかーなんて考えてたら思い出しました。
ダッシュボードのなかの釣り具。



いつ買ったかも覚えてない「海釣セット」。
パッケージから出したこともない。
ホントならウチで作ってるエサでやらないとならないところなんですが車には載ってないし悲しいことに釣具店でも売ってないので紅サシを160円で買いまして。
それと「海釣セット」という名に不安を感じて小さなハリス付きハリも買っといて。
これで完璧!と思って釣り開始ですが……。



……ウキが立たん。
もうなんつーかまったくもっていい加減な代物でしてよほどデカいエサを付けてもウキは立たないのではないかと。
こーゆーのを手に取る初心者にこそまともなもの(高級じゃなくていいから)を使わせるべきなんじゃないかと軽く憤ったりして。

そんなわけで「ウキが立ったらアタリ」という最新釣法みたいな釣り方でストレスを抱えながらしかたなく続行。
それでも小魚たちは応えてくれて。



2時間くらい遊んでモツゴ10匹くらいに写真のオイカワ。
家に持ち帰ってカメの水槽に入れたらモツゴはだいぶ食われました。

でもってなんかこうピシっとした感じで釣りしたいなーと思って日曜日。



手賀沼再訪。
天気予報はあんましよくなかったですがたまーにポツポツと雨が降る程度でむしろ快適。

今度はきちんと釣り具を用意してコイ狙い。
手賀沼に来たのって3年ぶりぐらいかもしれないです。
つーかほぼプライベートな感じで釣りするのも超久しぶり。
まあプライベートな感じで釣りをしたいのかどうかっていうと最近はそうでもないんですが。
今日も言うなれば撮影のロケハンだったり新商品のアイデアを得るためだったり。
それでもひさびさに強烈な引きを味わいたいなーとは思いましたが。

でもって釣りはじめから反応が出て5投目ぐらいで食い上げアタリ。
ピシっとした釣りをしたいだけにピシっとアワせると……。



味わいたかった強烈な走り。
ですが強烈過ぎて7,000円(ぐらい)の丈八カーボン竿がピシっと音を立てて殉職。
開発中のウキと穂先(つーか竿の3/4ぐらい)を持っていかれました。
ギャラリーなし動画なしの状態で殉職は悲し過ぎる。
非常にムカついて次なる武器を取り出します。



だいぶ前に中古釣具屋で500円(ぐらい)で買った万能竿。
「万能」って文字が超かっこいい。
これもウチで売ってる竿を使わないとならないところなんですがちょっと長さが足りないのでこちらを選択。

で10分ぐらいでアタリが出て。



だいぶ苦労して取り込んだのは50センチぐらいのコイ。
つーことはさっきのは80センチくらいはあったのかなー。
なんせイト鳴りしましたから。

80センチ(たぶん)のコイを仕留めたいという思いで(というか往生際が悪いので)さらに釣りを続けますがコイのアタリはパッタリ止まり。
デカいカンザシウキをピクピク動かすアタリにアワせるといい型のフナ。



ハリが大きくて滅多にハリ掛かりしないんでフナのアタリを無視して釣りを続けますがやはりコイのアタリはなし。
そのうち白鳥の大群がやってきてすっかりアタリが遠のいて。
金曜日に続いてなんかこうピシっとしない感じで終了しました。

そのうちカタをつけに行こうかと思います。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]