忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「反生態学」を読了してのち、水口先生の著書をいろいろ読んでます。マイブームかな?
絶版ものが多いので、すでに古くなってしまった話もあるんだけど、みんな面白い。釣り人かどうかは関係なく、一度、読んでおいたほうがいいと思います。

正直言うと、それより、僕の著書を買ってもらえたほうが(読まなくてもいいから)経済的にはうれしいんですけどねー。
それでも、僕の著書を買うより、水口先生の一連の著書の1冊でもいいから読んでみたほうがよいような気も……。

突然ですが、昔、「晴れたらイイね!」っつう番組に出演させてもらったときの番組紹介を見つけました。
http://www.fujitv.co.jp/haretara/385/
まだ子供らも小さくて(今よりは。あたりまえだけど)、懐かしい感じです。

作業途中に思い立ったことを書きました。
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「反生態学」読みました。
自分の考えが整理でき、凶暴な顔以外でも反撃も出来そうです。
職業柄、回りに手厳しい人が多いので助かります。
次のオススメは何でしょう?たたり次第読みたいのですが、時間とお金がないです。特にお金が...。
アベシゲル 2007.01.17 Wed  21:56 Edit
無題
アベさん、ごぶさたです。

とにかく水口先生の本はみんなよいんだけど……。

最近読んだ本で、水口さん以外だと、「一本釣り渡世(筑摩書房)」は面白かったです。
マットソニックに通じるような通じないような……。
魚を釣るということはどういうことか、なにを知らなければならないか、ということが、とってもよく分かりました。

それと、一志治夫(いっしはるお)の「魂の森を行け」。
宮脇昭という植物生態学者の話で、これもよかったですよ。
どうよかったかっつうと……説明が難しい。
正しいと信じることをやり通すことの大切さ、でしょうか。
これは文庫で出てるので(新潮文庫)、買いやすいと思います。

あと必読なのは……グラップラー刃牙、餓狼伝、それにストリートシュガーでしょうか。
かとちゃん 2007.01.18 Thu  00:09 Edit
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[12/19 丸山の青い彗星]
[12/18 かとちゃんぺ]
[12/13 ヤマカワ]
[12/06 丸山の青い彗星]
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
49
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]