忍者ブログ
専門誌「playboating@jp」「kayak 海を旅する本」「Fishing Area News」を創刊した編集者の釣りやカヌー、仕事に関する日記
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つーことでネガティブな内容の前回エントリーからだいぶ時間が経ちましたが参院選は青山繁晴氏が2位当選してとても嬉しいです。
都民じゃないですが都知事も変な人が脱落してとても嬉しいです。
とりあえずシャツの第2ボタンは閉めるように心がけてます。

相変わらず本業のほうはまるっきりパッとしませんがちょこちょこと日替わりのお仕事をいただいておりまして学校関係大工関係ウェブ関係どれもが前向きな気持ちになれるものばかりなのでこれなら死なずに済むかなと。
しかし昨年応急処置した事務所のクーラーは案の定ぶっ壊れて屋外より暑い状況となっておりましてそのせいで死んでしまいそうです(泣)。
何を思ったかこの歳になって聴きはじめたBABYMETALに力をいただいております(割と早めに飽きそうな気もしますが)。

写真はついこの間撮影でお邪魔したレストランのお食事。
美味しい料理がずらりと並ぶバイキングでしたが最近ちょいと小食な感じになっているのでたくさんはいただけませんでした(残念)。
まあ取材では多少の気をつかってしまうところもあるのでそのうち自費で訪れて動けなくなるほど食べたいと思います。
……そんな余裕ができる日は来るんでしょうか。



来週も忙しくなるといいなあ。
PR
またまた1ヶ月ぶりくらいの更新です。

ここ数年は投票しなかったんですが今年は気が変わって期日前投票してきました。
どこの誰に投票したって話は書かないほうがいいんですかね(選挙中なので)。
よくわかりませんがちなみに比例は青山繁晴です(書いちゃった)。

それに絡んでたまたま本日小林重工からショッキングな話を聞きまして。
詳細を述べると傷つく人もいそうなので言いませんがざっくり言えばバカ(裏で糸を引いている団体は除く)がものすごいバカをものすごい勢いで応援しているという。
このままではものすごいバカが当選してしまうかもしれませんねというお話でした。

つまりは門田隆将いうところの「DR戦争」。
相も変わらずドリーマーはドリーマーのままでリアリストにはなれないんだなと再確認しました。
「好きか嫌いか」でしか判断できない人は「正しいか正しくないか」が一生見えないんでしょうねー。
それと僕がよく(でもないけど)いうところの「上か下か」については分かりたくもないという。
演説やらなんやらを聞いても知識レベルの低さに顎が外れます。

釣りとか音楽とか趣味の世界であればドリーマーでも構わない(僕自身はそれも嫌ですが)んでしょうけど政治をドリームで判断するのは社会を知らない20代まで(10代までが望ましいですが)にしてほしいなあと。

なんか言葉を濁してて分かりづらい話ですいません。
ともあれドリーマーと戦うために投票したってことで(笑)。

先週末はウチで出してる『kayak〜海を旅する本』のイベントにお邪魔して三重県まで。




木曜日の夜に編集長の車に乗せてもらって金曜日はとりあえず行ったことのなかった瀧原宮をひとりで参拝し(編集長たちは山歩きに行ってました)。



夜は数名のスタッフ&参加者と合流してホルモン焼き。
ここのホルモンはおそらく生涯一と言っていい素晴らしさでした(行ってみたい人には教えます。三重県だけど)。



イベントはスタッフ含めて40名の大所帯。
ガイドの方も一般の方もこんなに集まってくれるなんて嬉しい限りです。

僕は数年ぶりにカヤックに乗るということでひっくり返るんじゃないかとドキドキしてましたがなんとかなりました。
でも股関節の痛みが限界に達して脂汗が出ました。



せっかくなんで釣りも(写真は参加者の方です)。
カヤックフィッシングも数年ぶり。
釣れないだろーなーと思っていたら……。



釣れました。
さすがに40人前のご飯を炊く鍋の中では小さく見えますが食べごろサイズでした。

実際遊び半分で三重県まで行くっていうのは経済的にどうなんだろうという感じでしたが行ってよかったです。
精神的にちょいと腐った感じだったのがかなりリセットされましたねー。
編集長および現地でお会いした皆様に感謝。
数日前からあまりに体が動かないのに危機感を覚えて自転車に乗るなどしてましたがたかだか3時間ほどのサイクリングが苦行と化してまして。
今回漕いだのも数時間でしたが体をちょいちょい動かすと気分が楽になりますね。

てな感じでお仕事の様子は相変わらずですが若干とはいえ動きはじめておりまして。
いろいろいい感じに流れていくといいなーと思っております。



この写真は最近の心情(笑)。
まあ相変わらず仕事がなーい!って感じで何を血迷ったか「中高年 バイト」でググったりしてます。
仕事は選り好みしないつもりなんですが今ところまだ本業と言える編集業務があるものでなかなか長期バイトはできないですなー。
短期バイトもその期間確実にヒマだと分かっていない現状では応募できないし。
いっそのこと廃業決定!としてしまうのも手か……なんて考えたりしてますが多分しないでしょう。

それはともかく週末は「公園の釣り」のネタ集めのために山梨〜静岡〜神奈川へと下見にいってました(589本舗のブログにアップしてます)。
バイクで長時間走って体力の限界を感じたので三島の安ホテルに泊まったんですが安いだけあって非常に省スペースなつくりでして。
当然トイレとシャワーが一緒になったユニットバスなんですがトイレは座ると膝が扉に当たるくらい。
シャワーに至っては小さいばかりかカーテンが短くてそっちにシャワーが当たるとトイレ側にお湯が出てしまいそうなのでシャワーを壁側に向けて自分は壁に密着するようにして浴びるという(分かりにくい説明ですいません)状況。

まあこういうところにお金を使えない自分を呪うしかないんですが同時に思ったのは被災者の方々などが急に狭いところで過ごすことになったときのストレスはいかばかりかということで。
1日だけなら全然なんともないんですがこれがずうっと続いたら辛いだろうなーと。
もっとも仮設住宅なんかはここよりずっと広いんでしょうけど。
それと雨なんかが降ってこんな狭い部屋(とトイレとシャワー)の部屋に一日中いるなんて事態を考えたらそれだけで胸が苦しくなってきますね。

お世辞にも順調とは言えない現状ですがそれでも自分は恵まれているなあと。
そう感じさせてくれた安ホテルに感謝いたします(笑)。

つーことで月一ブログ(笑)終了なり。


事務所の窓から見える桜も散りはじめております。
ということで今回は前回から1カ月経つ前にエントリー。

といいつつもとくに書くことはないんですが。

無理矢理ネタをひねり出そうとして思い出したのがけっこう前に読んだ『カエルの楽園』。
最近は保守論客としても注目されている百田尚樹氏の著書ですね。
僕も最近は保守を自認しているので(笑)いいたいことは分かりすぎるほど分かるんですが正直な感想は「あんまりおもしろくない」。
簡単に言えば感動できなかった。

保守論客のあいだでは「ぜひ子供たちに読んでほしい」てな感じで絶賛されてますがかなり疑問です。
この書でいいたいことは小説のかたちをとらずに普通に真っ直ぐ説明すればよいのではないかなーと思います。

そもそもガキのころから保守である必要はないのであって(もちろん左翼に洗脳されるのも困りますが)少し世の中が見えてきたら考えればよいのではないかと。
その場合も読むなら小説ではなくドキュメンタリー的なもののほうがよいのではないかなと思います。
つーことで今は『この命、義に捧ぐ』を感動しながら読んでます。
気づけばまたもや1カ月以上放置してました。

本日は久しぶりに長瀞へ行ってオグちゃん編集長とplayboating@jp誌の撮影。



まあよく廃刊せずに続いているよなーという感じですがこのところ巻頭で特集しているハウツーに関して言えばまだいくらでもネタはあるというのが僕の印象です。
初級者がスキルアップするための勘どころをしっかり押さえていきたいなと。
そーゆーネタは他誌では作れないですからねー。

それはともかくこのところお仕事が全然なくてお金がありません。
もはや(泣)というより(笑)という感じ。
自分が仕事を干されてるんじゃなくて単純に仕事がないという(「仕事そのものはあるけどマトモな仕事がない」という場合もあります)。
雑誌というメディアは静かに死んでいくしかないんだなと(数年前から)思ってます。

ということで以前からそうだったんだけど今回も市川から長瀞までバイクで下道。
片道3時間はもはやツーリングです。
でもって現地での打ち合わせと撮影は2時間もあれば完全終了。
また3時間かけて(途中でちょっと寄り道して)帰りました。

こーゆーことが苦にならない性格なので今日一日は楽しく過ごせました。
が48歳という年齢を考えると少し不安になります(笑)。
忙しくないと困るんですがあんまり忙しくないもので久しぶりに読書モード。
橋爪大三郎×佐藤優『あぶない一神教』を皮切りに高橋洋一の『戦後経済師は嘘ばかり』。
でもってエルドリッヂの『オキナワ論』に我那覇真子さまの『日本を守る沖縄の戦い』って感じで読みました。
このあと真子さまに影響されて『知的生活の方法』『西国立志編』を読む予定です。
後半は保守まっしぐらです。



沖縄問題を採り上げた2冊はどちらもおもしろかった。
カヌー&カヤックとか釣りとかのしかも出版業界にいるとどうしても左寄りの感覚になってくるんですがそれでも僕はそうでもないほうかと。
辺野古基地工事に抗議するカヤック軍団とか頼むから僕のやってるカヌー&カヤックとは関係ないってことにしてほしいとずうっと思っていましたし。
釣り媒体でダム反対運動とかゴミ拾いイベントとかまったくもってしょうもないなーとずうっと思っていましたし。
まあこの話をあまり強い調子で書くと業界からハブられるかもしれないのでここで中止しますがどちらも左翼のみなさんにこそ読んでいただきたいなーと思います。

で「我那覇真子さま」。
「さま」とつけたくなるほど立派な人だなあと。
ここまで自分の立場を明確にしてはっきりとモノを言えるというのは偉いなあと。
僕がこの歳の頃なんてただひたすら遊んでただけですから。
それと真子さまの父上がまた偉い。
こちらは僕も現在進行形で同じ立場(父親)なのでなんつーか劣等感に苛まれますな。
本の内容的としては突っ込みたいところがなくはないんだけれどそんなことはどうでもいいくらい爽快な本。
僕もいつまで生きるか分かんないですから真子さまの半分くらいは言うべきことを言おうという気持ちになりました。

みなさまもぜひご一読を。
先月末に無事発行できました。
これも関係者の皆様のおかげです。

なのですが……。





……どうやら発送ミスがあったようで一昨日から電話が鳴りっ放し(でもないけど)。
ミスはすべて「『playboating@jp』を注文したのに『kayak〜海を旅する本』が入っていた」ということのようです。
間違って送られていたらお手数ですがご連絡ください。
誤配送の「kayak〜海を旅する本」はそのままお持ちいただいて結構です。

発送作業者(つまり両誌編集長)に詰問(?)したところすべて取り違えたという最悪のミスだけはあり得ないようです。
大変ご迷惑をおかけしておりますがご確認&ご連絡よろしくお願いいたします。
気がつけばまたもや1カ月ほどブログ放置。
いい加減やめてもいいんですが辞めなきゃいけない理由もないのでぽつぽつとアップしております。

昨年はかなり苦しい思いを(主に経済的に)しまして今年もあまり改善傾向にはないのですがそれでもやるべき仕事があるだけで嬉しい感じです。
といいながら昨日今日とあまり忙しくないんでなにか仕事あったらください。
ともあれ昨日ひとりで神社に行って珍しくおみくじをひいたら大吉だったので今年はなんとかなりそうです。

で写真がないのも寂しいので年末のひとり旅の写真を並べときます。












てな感じで急に思い立ってバイクで伊勢神宮へ。
下道で行くのは初めてでしたが国道1号バイパスが思いのほか快適で市川市から8時間半で伊良湖岬に着いてそっからフェリー。
一日で伊勢市に着きました。

翌日参拝してその日は静岡のスーパー銭湯に泊まって31日帰着。
なんだか免許取りたての高校生でもやらないようなツーリングでしたがけっこう楽しかった。
フェリー代はちょいとかさみましたがガソリン代はおそらく2,000円程度かと。

一番の収穫は伊勢市の呑み屋さん。
仕事ぶりが素晴らしかったなあ。
ああいう呑み屋が近所にあったら毎日通ってしまいそうです。

まあそんなこんなで今年もよろしくお願いいたします。
ですなー。

相当長い間放置してました。
このまま放置しっぱなしでも誰も困らないんですが急に気になってエントリー。

最近はとにかく普通に稼ぐためにウェブサイトの仕事をやってます。
街中を歩いてラーメン屋やカフェや公園や博物館やなんやらかんやらを短時間で取材してまわるという。
それなりに楽しいですがストレスもかなりすごいです(笑)。
まあでも釣りの取材よりいいのかな。
釣れなくて成立しなかったということもないので。



とある取材先でのワンカット。
中をのぞいたらおじさんたちがいっぱい呑んでました。
うらやましいを通り越して怒りを感じるほどでしたが正直言って僕もそんな時間を過ごしたいですねー。

まあそんな贅沢はいわず仕事があることに感謝しつつ生きていこうと思う誕生日前日の今日なのでありました。
もう48かあ……。
  *HOME*   次のページ ≫
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/17 かとちゃんぺ]
[08/10 たか]
[08/10 たか]
[03/30 かとちゃんぺ]
[03/24 たか]
[12/04 かとちゃんぺ]
[12/03 ヤマカワ]
[10/14 なっさん]
[10/09 かとちゃんぺ]
[10/08 上尾でお世話になりましたいずみ]
プロフィール
HN:
加藤康一
年齢:
48
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/12/04
自己紹介:
管理釣り場の釣りの専門誌『Fishing Area News』
シーカヤックの専門誌『kayak〜海を旅する本〜』
ホワイトウォーターカヤッキングの専門誌『playboating@jp』
3誌の専門誌と、DVD、単行本などの編集・発行を行なう
有限会社フリーホイール代表
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]